ムダ毛を処理したい脱毛の悩み

2017.6.26|ミュゼ 東京 口コミ 脱毛ムダ毛の悩み


>>美容脱毛サロン ミュゼプラチナム


はじめての脱毛を考えたのは中学の頃でした。中学生といえば、脇や股などのデリケートな部分にはムダ毛が生えそろってくるころです。この「毛が生えてくる」というのがとてもいやでいやで仕方ありませんでした。「毛が生えてきた」なんて誰にも知られたくはありませんでした。大人になった証拠と言われても、毛が生えるということが汚らしく感じたものです。


脇やデリケートゾーンの毛が無くなったらすっきりするのになぁ・・・。
どうしたらこの毛が無くなってくれるのだろう?


わたしは、お風呂に入るたびに自分の体を見てそう思って悩んでいた一人なのです。
(一度に全部、この毛の毛根からなくなってくれたらいいのにな。)そんな風に望んでいました。


わき毛や、すね毛などのムダ毛のことは一人で悩まずに、痛みなくきれいに処理できるようになりたいですよね。
いろいろと試した結果から言ってしまうと脱毛サロンに早くいったほうが良かったと思っています。
サロンに行くまでを思い出しつつまとめてみました。

1.ムダ毛が嫌だと感じた最初の日のこと

ムダ毛がなかったらいいのにと考える前のことです。カミソリで足を剃るのが好きでした。
確か小学生のころ、五年生ぐらいのことです。


ある日、両ひざの、膝小僧だけをカミソリで剃ってみたのです。
いつもとは違ったつるつるとした手触りに、感激をしたものです。


そのあとで、すね毛や太もも毛を剃っていくようになりました。ツルツルとした手触りが心地よかったように思います。
この頃、周りの友達はムダ毛のことなんかは気にしていなかったように思います。
まだ子供ということもありムダ毛という言葉も知らなかった頃ですからね。

女子
そして中学生になったころ、脇の毛やデリケートゾーンの毛が生えそろってくる時期です。
自分たちの成長期のことや体毛がどれぐらい生えたのかなんて話す人はいませんでした。
夏になると半そでに衣替えをしますよね。


脇の毛が見えてしまうのは、体育のプールの時ぐらいでした。
「脇って剃ってるの?」なんて聞くこともできなかったし、あまり脇の毛について話す人がいなかったです。


そんな中学生でもできることと言えば、まず最初にしたのは自宅にあった毛抜きで一本づつ脇の毛をつまんで取ることでした。
ワキの毛はうまく抜けないと途中で切れてしまったり、引っ張って痛いだけでした。
でも、プチプチと脇の毛が抜けていくのは爽快な感じでした。なによりお金もかからなくて手軽でしたからね。


それでも、この毛がない無毛の状態が続くのは一週間ぐらいなのです。
二週間三週間と過ぎていくともう黒い毛が生えてきているのでした。



(もうちょっと毛が生えてこない期間が長ければいいのになぁ・・・。)
そんな風に感じていました。なのでゴッソリと毛根からなくなってくれたらいいのになぁ・・・と思っていたのです。


高校生の頃も同じで、カミソリや毛抜きで脱毛をしていました。
身体が大人になっていくと、体毛は濃くなったり太くなったりします。
すると、子供のころは目立たなかったとしても、気になってくるのは腕や脚の見える部分です。

(昨日脇の毛を剃ったけれど、黒い点々が目立っているんじゃないかしら?
ちょっとチクチクとこすれていたいなぁ・・・。)

つり革を持つ腕の袖口が(脇が)開いているのが気になってしまう・・・。
私服の時でもそんな風に感じていました。


昔を思いだしてみると、わたしは小学5年生のころからムダ毛のことが気になっていたのです
ずいぶんと長い間悩んでいたんですね。そんなことに気がつきました。

ムダ毛が生えていることで感じた主な悩み
チクチクする。剃りあとが黒くて目立つ。剃った後はざらついて痛い。抜いていると肌がボツボツになってしまう。
炎症が起きる。太い毛が目立つ。汚いイメージがある。ムダ毛が多いと感じる。


高校生ぐらいの年齢でもおしゃれに興味のある女の子は洋服や髪形が気になりますよね。
ムダ毛の悩みはパーツごとで違うかもしれませんが、共通しているのは毛が目立って太い、多いからいやだというものです。

2.家庭用脱毛器へのあこがれ

綺麗な人

綺麗なお姉さんは好きですか?

このキャッチコピーとともに爆発的に売れたのがPanasonicの家庭用脱毛器ソイエです。
家庭用脱毛器は回転式のローラーに毛を挟む無数の小さな毛抜きがついていて回転しながら毛を引き抜いていきます。
使う前にはムダ毛を短く整えてから使います。2~3ミリの短く揃えたわき毛や、足腕のムダ毛を抜いていきます。
(シェーバータイプもあります。)



(この脱毛器があったのなら簡単にスピーディーに毛が抜けていくから良いな。欲しいな。
欲しいとは思いつつも購入するまでには葛藤があり時間もかかりました。
今では価格も比較的安くなりましたが、発売当初は高く感じられたものです。
でも、すべすべ肌にはなりたかったです。


家庭用脱毛器は使ってみた人にしかわからないと思います。
太い脇の毛を抜くときはそうでもないのですが、細い腕や脚の毛は痛みを強く感じるのです。
脱毛前には保湿をしたほうが良いなどの情報がなかったため、そのまま脱毛器を肌にあてていました。そうすると当然のように皮膚も一緒に擦れているので炎症を起こしやすくなります。抜いた後はいつもヒリヒリとしていました。


脱毛後はローションで肌を整えることもしていませんでした。
脱毛前にはBody用ローションやミルクで肌を整えておくなどの使い方を知っていたらもっと良かったように思います。
家庭用脱毛器はもう一つ使ったことがあります。
通販で購入した低周波脱毛器です。あまり良さは感じられず残念でした。(この話はほかの記事にて)


家庭用脱毛器はある日、燃えないゴミの日に出してその役目を終えたのでした。
壊れてもいないまだまだ使える状態でしたが自分にはもう必要のないものへと変化していったのです。

3.家庭内脱毛で困った肌トラブル×2

つい最近のことです。数年前にはやった家庭内脱毛器が1980円でドンキで売られているのを見ましたが、もう売り切り価格の処分品のようでした。

安いから買おうかどうか迷っていた友人はネットでの口コミを見て
「脱毛するのに火傷するってどうなの?安いから買ってみようかと思ったんだけど・・・。」


n○n○ヘアーという熱でムダ毛を焼き切るという脱毛器。
「肌にしっかりと当てないと毛が無くならないし、ぎゅっと当てないと毛が抜けないけど火傷するってどうなの?」と言っていました。
発売直後にピンク色の脱毛器を購入して使っていた他の友人は肩や背中を火傷していました。
線状になった火傷跡がいくつもついていたのです。


背中は見えないから彼氏にやってもらっていたけれど、毛が焼き切れて部屋中が臭いのと押し付けられた脱毛器で火傷を無数にしていて、毎日のように「昨日もケンカした」と言っていました。脱毛器が喧嘩の火種になっているとは思いませんでしたが。


家庭用脱毛器は使ってみないとよさが分かりませんが、使って火傷や傷がつくのはあまりお勧めではありません。
焼き切るタイプや抜くタイプの家庭用脱毛器への期待は徐々に薄れていきました。
脱毛は痛い思いをしても綺麗にならないのならする意味がありませんよね。


同じようにムダ毛を抜くときに痛いとしても、見た目もキレイになっていったほうが良いですよね。
家庭用脱毛器ではキレイになるどころかイライラしたりしてブスになってしまうだけ。
なので私は自宅脱毛から、脱毛サロンへ乗り換えたのです。

トラブルの少ない脱毛ならサロン利用が一番です
いまなら脱毛器を購入するよりも安くてきれいな仕上がりになりますよ。
いまでは満足できるすべすべ肌になれました。
ミュゼに行って良かったって感じています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


この記事を読まれた方はこちらの記事もチェックしています
小学生の頃から足の毛が気になる女の子でした。


気温の上昇に伴い半袖・ノースリーブの女子急増中!ワキのお手入れは今すぐ!


トラックバックURL